6月の活動

埼玉県小川町にある放置林を里山として再生させる活動に取り組んでいます。この活動は平成24年度埼玉県NPO活動サポート・金紋世界鷹みどりと川の再生事業に認定されました。

 

今年度再生作業を行う放置林化した里山。画像は作業着手前の状態です。太くて背丈のある篠竹がはびこり、足を踏み入れるだけでも一苦労。外からは、張り出した枝の幹の状態や斜面の様子も確認出来ない状況です。

 

6月2日の作業。

約20坪の下草刈りと篠刈りを行いました。

 

 

 

             ▲篠刈り作業では、刈払機と造森鎌をメインで使用します。

               刈った篠は数か所にまとめておき、順次チップ化していきます。

  

6月30日までの作業。

伐採・搬出等を含め、今後の作業を考えながら約500坪の下刈り・篠刈りを終え、篠に覆われていた斜面に適度な陽光と風が入るようになりました。里山として再生させる第一歩です。