5月の活動

5月の活動

埼玉県小川町中爪地区の里山再生活動は、平成25年度埼玉県NPO活動サポート・みどりと川の再生事業に認定され、取り組んでいます。

・5月9日 小川町靱負地区での活動・

 

 

住宅地の奥にある100坪ほどの小さなクヌギ林です。これまで薪炭林として15年前後のサイクルで伐採-萌芽更新-成長-伐採を繰り返して来ました。樹木はそれぞれが活用に適した樹齢となっていますが、これまでの枝打ちや下刈り作業で生じたものは、無造作に投げ込まれています。

 

クローラー運搬車やチッパーシュレッダーの乗り入れも含め、秋以降の伐採作業がしやすくなるよう、枝や篠竹を片付けて行きます。

 

 

小枝類を片付けた後に足元を刈払い、とりあえず林内で作業出来るスペースとクローラー運搬車の乗り入れルートを確保しました。

 

 

・5月15日 小川町靱負地区での活動・

 

ブロンコ竹村の巧みな操縦でチッパーシュレッダーを積んだクローラー運搬車を林内に乗り入れ・・・。先日の作業で片付けた小枝や篠竹をチップにして行きます。

 

 

この日の作業で、およそ1/3のエリアの下刈り、片付け、チップ処理を終えられました。

 

 

 

・5月19日 小川町中爪地区での活動・

  

     刈払機の安全講習を受け、マイ機材を購入したメンバーの練習を兼ねて下刈り作業を行いました。

。。。。  

昨年度の作業でふもとに積んだチップの天地替えを行いました。これらのチップは良質な肥料として近隣の畑で活用されています。

・5月23日 小川町靱負地区での活動・

  

 

林内の下刈りと、チップ化を考えながら片付け作業を行い、不法投棄されていたゴミも搬出・処分しました。

 

 

 

・5月25日 小川町中爪地区での活動・

。。。。  

資格を取得したメンバーには現場での注意点を伝え、オンジョブトレーニングで経験を積んでもらうようにしています。

マーキングした幼苗を刈ってしまわないよう、気をつけて作業を進めます。

これまでの作業で、下刈りと一部篠刈りを終え、斜面も綺麗になりました。